○ 2019 09/22 (日) 東池袋中央公園 民俗舞踊フェスティバル

・文化庁・独立行政法人日本芸術文化振興会・豊島区・公益財団法人としま未来文化財団・東アジア文化都市2019豊島実行委員会・東京芸術祭実行委員会 9月22日(日)午前11時-午後7時 豊島区東池袋3-1-6

これ、去年行って面白かったので今年もおじゃま。
もっと、踊り個々のウンチクを聞かせて欲しい。

・11:05 長崎獅子舞(東京都) / 長崎獅子連
解説を聞くと、
ブルーハーツで「ドブネズミみたいになりたぃぃ~♪」という歌があったけど、それは違う、人間はドブネズミと大差ないんだよと。
ドブネズミみたいなご先祖様がこの長崎の地にビクビクしながらやって来て、村を開いたと。
そんなご先祖様の様子を演劇化したのがこの獅子舞っぽいのよ。
この長崎村の農民の正直な歴史認識には好感が持てます。

・12:45 中野七頭舞(岩手県)
これは驚いた。
いわゆるヨサコイ。
ボクのヨサコイへのイメージはとても悪く、「男の暴力性の誇張」「集団による他者への威圧」で、「チンピラマインドの肉体表現」なんですよ。
で、
あの「派手な体の動かし方」は、西洋の踊りが日本に定着してきた昭和からでは?と思っていた。
ところがどっこい、「この踊りは天保の頃に作られた」と言うんですよ。
で、
あの「派手な体の動かし方」が天保のころからあったというなら、ほかの日本の踊りに何で影響を与えなかったの?という疑問が出て来る。

・13:10 龍踊り(長崎県)
中国人のマネをした人達が、大きなヘビに棒を付けて、集団でヘビをくねらせる、というおなじみの見世物。
興味深かったのはお囃子。
鉦や太鼓がメインでメロディーを付けられるのはラッパだけ。
ところがラッパもメロディーを付けない。悲壮感、不気味な感じで効果音的にプープー鳴らすだけ。
これを聞いてマイルスデイビスを思い出したwww
「マイルスのトランペットは泣いている」といわれたものだが、実際のところここからパクったんじゃね?という気がしてきたwww

・13:35 漢民族の踊り、敦煌舞踊、他(中国)
これはいわゆる北朝鮮の「喜び組」の踊り、って感じだったwww
これって、中国の王さまを喜ばせるための踊りであって、「漢民族の踊り」は他に存在する気がすんだよねwww
ま、いいけど。 ボクも今度生まれる時は中国の王さまに生まれたいwww

○ 2019 09/21 (土) 六本木天祖神社→藍染大通り

・9月21日(土) 午後6時-8時 港区六本木7-7-7 港区 六本木天祖神社 龍土町会
6時20分ぐらいに着。予想通りの激混み。 龍土町会となってるけど霞町の先生の仕切りな気がする。 7時ぐらいで10分の休憩になったので根津に移動。

・9月21日(土)-22日(日) 午後7時-(例年なら9時まで) 文京区根津2-34
チャンチキおけさ:回転なしバージョン。文京音頭、根津音頭、むずかしい。 根津音頭は一生覚えられない気がするwww 
終了時にタヌキみたいな犬を2匹つれた散歩人が通る。 はじめてみる犬。 びっくりした。 あれは高いと思うw
マルエツプチ谷中三丁目店:初めてのお店。 ここ惣菜、弁当コーナーの半額見切り品がよいです。たぶん9時からだと思う。 お近くの方はどうぞ~

○ 2019 09/18 (水) 港区立西麻布いきいきプラザ4階

・9月18日(水) 午後6時30分-9時 港区西麻布2-13-3

今日は朝から雨だったので最初は行かないつもりだった。
が、6時ごろに雨がやんだっぽいので行くことに。
今日は自転車ではなく地下鉄で。
雨でさぞ空いてるだろうと推測するも適度な混み具合。
あと、霞町の名前入りの手ぬぐいを頂いた。 きみどりでいい感じ♪

○ 2019 09/16 (月) 文京区 白山神社

・9月16日(月・祝) 午後5時30分-(例年なら8時30分頃まで。その後は9時まで抽選会) 文京区白山5-31-26

今日はあまり込まなかった感じ。 町会の人が踊ってる最中に抽選券を配布するけど、それが何回も来た。つまり、今日は入場者が少なかったんだと思う。

あと、昔から、ボクが盆踊りを始めた頃から見させてもらってる女性に今日も見させてもらった。お陰さまで、文京音頭の構造がわかった。彼女は年々盆踊力がパワーアップしてて、ドーパミン全開。ノリノリで踊られてます。

あと、恋するフォーチュンクッキーの難しいバージョンがかかった。 ヤグラの人にこっちを向いて踊られると、頭の中でフリを反転させなきゃならないから参考にならないんだよねwww

○ 2019 09/15 (日) 赤坂 氷川神社

・9月14日(土)-15日(日) 午後6時30分-9時 港区赤坂6-10-12

最外周で、俺の前でお母さんが踊ってて、輪の外にお父さんがいて、娘がお母さんの回りをウロウロしてイラつくから、娘の両肩をつかんで円の外に押し出そうとしたら両足を踏ん張って抵抗しやがったwww 仮にお父さんがヤンキーだったら因縁つけられてヤバかったかもwww ちょっと反省。

8時がお菓子の配布タイムで、その後は空いて、佐渡おけさ系のむずかしい曲がかかる。
つまり、子供がガンなんだな。

明日行くつもりの文京区白山の白山神社も盆踊りが終わってから抽選会をやるから盆踊りが激混みになる。
盆踊りの前に抽選会をやってくれればいいのにねぇ~

○ 2019 09/14 (土) 板橋区 緑ヶ丘第二公園

・9月14日(土)-15日(日) 初日/午後5時過ぎ-簡単な講習会、本番/午後6時-9時。2日目/午後5時-8時。 板橋区桜川2-18-1

先生はA先生(元は我々と同類の盆踊り好き)。
かける曲数が多いので、前から気になっていた会場。

おそらく元はダイコン畑で急激に宅地化された盆踊り文化が希薄な場所。

このこころみは霞町に近いのかも。
霞町は月1ぐらいで練習会を開催するがここはそれがない(ことによったら町会レベルでやってる?)。
じゃあ、今日の参加者は?といえば、半分はオドラーの気がします。
しかも、2人は東京盆踊り界でトップレベルのお二人。
A先生とその二人が1の輪で引っぱってった。
つまり、A先生の人徳ですよ。 人徳があるからこそ優秀な踊り手さんが来てくれるのです。

結果、どういうメリットがあるかといえば、
1、我々、オドラーが楽しめる
2、地元の人に盆踊りの多様性を見せてあげれる
歌だって下手な歌を聞かされても騒音なだけだけど、上手な歌を聞けば歌の素晴らしさを感じるでしょ。
盆踊りだって同じ。上級者の踊りを見なければダメなんです。

この地で、質の高い盆踊り大会を続けられてるA先生のご努力と人徳に感謝!

○ 2019 09/13 (金) 墨田区牛嶋神社 の複数会場

1、
小梅児童公園(向島1-33-3)6時スタートなのでここからスタート。 小さく小綺麗な公園。 キレイなトイレあり。 足場いいけど微妙に傾斜あり。
2、
小梅二丁目(向島3-44)ここも6時スタート。 1が休憩になったのでここに移動。
3、
小梅児童公園 2が休憩になったのでここに移動。
4、
小梅二丁目 3が休憩になったのでここに移動。
5、
吾妻橋三丁目 (吾妻橋3-6、3-7、3-10、3-11に接する交差点) ここは休憩なし。切れ目なく曲を流す。 結果的にここが一番よかった。 しかし、8時半ぐらいに客がどっと増えた。この時点で知ってる顔はなくほぼ全員地元の人だった気がする。で、増えたので次に移動。
6、
東駒形三丁目 ここは踊りのヤグラあり。 日本舞踊の素養がありそうな高齢美人先生。 河内音頭をマメカチで踊る。 通常だと手をポンと打ったあと、ハネながら時計回りに三歩あるくが、日本舞踊の素養のある人だと、宝塚の男役が気取って歩く、みたいな歩き方をしますねwww
7、
本所三丁目 ラストの五輪2020のみおじゃま。
8、
石原三丁目 ここもラストの五輪2020のみおじゃま。

○ 2019 09/01 (日) 荒川区 あらかわ遊園運動場

・9月7日(土)午後6時-9時 ※雨天の場合は8日(日)に順延 – 荒川区西尾久8-1-1

ここのところ、カゼ?体調不良なので近場ですますことに。
前にいちど来たことがあり、「広々とした野球場」という印象があったのでここを選択。
たぶん6時40分ぐらいに到着。

時間の流れは、
スタート時刻は不明~7時まで盆踊り
7時30分まで政治家等々のご挨拶&太鼓演奏
8時10分まで盆踊り
8時30分まで太鼓演奏
8時50分まで盆踊り
——

広々として気持ちのいい会場なのに、太鼓にジャマされるのが残念。
でも、そもそもの名称が「荒川区文化祭 大太鼓盆踊り大会」だから仕方ないw

曲目:東京、炭鉱、八木節、幸せ通り、オリンピック2020、荒川音頭、ぐらい。
荒川音頭のフリは、「胸に両手でダッコ」→「だんだん上に手を広げる」→「山開き」
だけど、「だんだん上に手を広げる」と同時に360度回転、のバージョンもあるみたい。